なぜ、この人が教授なのか?

“私は、情報系の大学に通うものです。
大学2年の前期にあった出来事。

学年が上がったことで、プログラミングの授業の担当教授が変わりました。
どんな教授か知らなかったので先輩たちに聞いてみました。

先輩たちは口をそろえてこう言いました。

「あの人の話をまともに聞くな、変わり者だから」

話を聞いていると、あまり良い評価をもらっていないようです。

私はそこまで悪い人ではないと思っていました。
今、考えると甘く考えていたのだなと思います。

授業が始まりしばらくの間は普通の授業でした。
しかし、事件が起きました。

演習の時に、教授がこう言いました。

「プログラミングは人に聞いて勉強するものではない、自分で考えて作りなさい」

この話をまともに聞いて私はプログラミングをしていました。
しかし、10分後、彼はこう言いました。

「時間がかかるようなら人に聞きなさい」

自分は耳を疑いました。
先ほど言ったこととは真逆のことを言っていました。

この日を境に教授は矛盾したことをさぞ当然のことのように言うようになりました。
こんな人物が教授でいいのかと思いました。

まるで生徒をまともに扱っていないような気がします。

その後も、授業の準備ができていない時には、いつも言い訳をしています。

私は怒りを堪えて授業を受けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です